ni-hao♪


揚州炒飯を食べ比べ♪

2軒目の揚州炒飯を食すために行ったお店。
d0090300_1621843.jpg

【富春茶社】
住所:揚州得勝橋街路35号   
電話: 0514-87233326




d0090300_16335375.jpg

ここはお友達Yちゃんに教えてもらったところで、ガイドブックにも載っていました(^v^)
入った正面のこの建物は予約団体様用。
d0090300_16485671.jpg

私たちは中を突っ切った奥の部屋に通されました。
d0090300_1655316.jpg

まずは点心の盛り合わせ。
こんな感じで、朝食の点心もいろんな種類を食べるそうです。
d0090300_16425476.jpg

そしてスープが中に入っている点心。
小龍包とは違って、これはスープだけが入っていました。
ストローで熱いスープを飲むので、火傷をしないように気をつけて。。。
少し脂っこい感じがしたけど、コクのあるスープでした♪
d0090300_1713174.jpg

どのテーブルでも注文されていたのが、コレ。
『蟹黄煮干絲』というもので、押し豆腐のような固めのお豆腐を千切りにしていて、
蟹味噌のスープがたっぷりとかかっているんです(*≧m≦*)
これがものすごーーーーーーくおいしくって、お腹がいっぱいなのにワッシワシ♪
2人で食べるにはかなり多い1皿で、残念ながら完食は無理(TωT)
持って帰りたかったけど、さすがにスープものなので断念しました。。。
d0090300_17183935.jpg

そしてメインの揚州炒飯ψ(`∇´)ψ
出てきた瞬間、ちょっとアレ( ̄∇ ̄)?な私たちの反応。。。
揚州炒飯は全部黄金炒飯だと思っていたので、ちょっと期待は外れましたがお味は◎
黄金になるには、お米が卵で色付けられるように炒めるので、技術がいるんですよね・・・
d0090300_17241484.jpg

でも、ちゃんと揚州炒飯であるための具材はクリアしてます!!!
揚州炒飯と呼ぶには、この具材が入ってないとダメだそうで、
ミックスベジタブルを使って出てくる揚州炒飯は、揚州炒飯ではありませんよーヾ(`□´)

ここでも炒飯は半分ほど食べて、あとはお持ち帰り。
お持ち帰りのタッパー(2元)はスーパーで売られているようなちゃんとしたタッパーで、
店員さんがビニール入りの新品を持ってきてくれると、
『新しいのは汚いし、洗ってくるから!』と、親切に(?)洗ってまた持ってきてくれました(笑)
家に戻ってから、またがっつり頂きますよψ(`∇´)ψ

ここではお料理3品で丁度100元≒1300円。
こんなにおいしくってこの値段、、、ありがたや~~~~(。-人-。)

【治春茶社】と【富春茶社】
どちらも老舗ですが、私的にはどちらも甲乙つけがたい(≧△≦)
黄金炒飯なら【治春茶社】だし、【富春茶社】の蟹黄煮干絲もおいしいし・・・。
やっぱりどちらもオススメなので、揚州へ行くならはしごしてください(笑)
d0090300_1635309.jpg

表の通りから路地に入ったところにお店があるんですが、
その路地を歩く間、ずらっとお土産物屋さんが並んでいます。
刃物が特産物なので、中華包丁や小さな小刀が売られてました。

これで揚州炒飯を食す小旅行は終了!!
でも観光も何もせず帰るってのもなんなんで、鎮江に戻って少し観光しまーす(^v^)

[PR]
by shanghai-emilin | 2010-12-12 22:15 | 揚州・鎮江

<< 古西津渡街@鎮江♪      炒飯食べに揚州へ♪ >>

なんちゃって駐在員妻、えみりんの『快適!?お気楽上海生活』
by shanghai-emilin
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
フォロー中のブログ
その他のブログ&リンク
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧