ni-hao♪


私達、守られています!

d0090300_19275899.jpg

工場の中庭にはすっかり満開の菜の花♪
咲ききって花の香りがかなりくちゃいですが^^;。でもやっぱり上海の春は『黄色』です。

今日は我が家のセキュリティについて。

実は我が家、意外にもセキュリティシステムによって守られています。
残念なことにかなり『アナログ』ですが・・・。

まずは工場内へ入るには
d0090300_1936162.jpg

この守衛さんのいるゲートをくぐります。(中から撮影)
そう、この守衛さんというのは前にもUPした、犬を育てている、すなわち『犬を食べる』おじさんです(-_-;)
・・・まぁ暗いお話はここまで。

上海では外国人が住まいとする場所に、警報機と窓の柵をつけなければならないという規則があるそうで、私達の生活スペースのみ全ての窓、扉に柵がつけられています。
市内のマンションに済んでいる日本人宅には柵なんてないんだけど、かずは『管理人さんがいるからつけなくてもいいんじゃないの』と言うことでした。

警報機というのは
d0090300_19432075.jpg

このブレーカーが入っているようなこのBOX。
この下のほうにはスイッチのようなものがあって、このBOXと連動されているのですが、そのボタンは洋服箪笥で隠れていて撮影不可能・・・。
すぐに『ポチッ』とできなければならないのですが、次回の模様替えの時には見えるようにする予定です^^;。

この警報機、スイッチポチッ!で何が起こるかというと、どこかの警備の人が本当に来てくれます。
昔、同居していた中国人が、私達の不在のときに激しい腹痛で動けなくなり、このスイッチを押したら警備の人がやってきて病院まで連れてってくれたことが。
でも、警備の人が中国人なので、私一人のときにポチッとすることがあったら状況を説明できないじゃないか!って思うのですが・・・。外国人用ならそれなりの人材を揃えて頂きたいわ。

続いて『窓の柵』です。
ここの家の中にいることを、私は『鳥かごの中』と表現していますが、まさしくそんな感じ。

玄関
d0090300_19574713.jpg

洗面所
d0090300_19582212.jpg

リビング
d0090300_19585931.jpg

寝室
d0090300_19593841.jpg

とまるで牢屋でしょう~(((p(>o<)q)))

キッチンと他に使っていない3つの部屋と、おばちゃん用キッチンへと行くスペースと私達のリビングの間の扉にも
d0090300_2021462.jpg

そして各部屋の扉は、洗面所以外全てオートロックです。
毎日の生活でオートロックは不便なので、玄関以外のキーは挿しっぱなし。
キーがドアノブ代わりです。

なぜキッチンと他の部屋に柵がついていないかというと、かずがこの家を建てるときに自分が使う部屋だけ(日本人が使う部屋ということ)を申請すればよかったからなんだって。

ということで、私達はこのように上海の僻地で無事に暮らしているのでした!
チャンチャン♪
[PR]
by shanghai-emilin | 2007-03-27 20:30 | 暮らし

<< ある日の夕食      打ちっ放し場 >>

なんちゃって駐在員妻、えみりんの『快適!?お気楽上海生活』
by shanghai-emilin
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
フォロー中のブログ
その他のブログ&リンク
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧